■がんと娘と時々旦那■

2010年4月 非浸潤性乳がんの告知を受けその後の治療や気持ちを残し、6年後に笑って読み返せるように頑張りたいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
たくさんの人が闘ってます。女性のみなさん、人ごとじゃないですよ! 人気ブログランキングへ
家族へ
GW突入しちゃいましたね。


昨日は旦那の実家へ行ってきました。



そう、私の乳がんの事を家族に話すために...




みんな義母から何気なく聞いていたようで特に驚きもなくきちんと説明ができた。



乳がんについてはどんなものなのか納得してくれた。









みんなの疑問は


「非浸潤性乳がん→上皮内新生物。がん保険の給付に値しない」

というところ。



乳がんの場合、非浸潤性だとしてもそれが浸潤がんに移行していく可能性があるということ。



それにより乳房の全摘出が望ましいとされる事が多い。




全摘出→乳房再建の手順を追ってもがんの一時金や女性特約の乳房全摘出の一時給付金、乳房再建給付金が一切おりない。


不思議な決まりね






今の私、たくさんお金をもらっても辛い治療と再発の恐怖を何年も味わうことより良いと思うしかないのよね。







んーでも保険の制度おかしいよね!!!
スポンサーサイト
| 乳がん告知後から手術 | Co(0)
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
たくさんの人が闘ってます。女性のみなさん、人ごとじゃないですよ! 人気ブログランキングへ
<<長生き   |  home  |   あれ????>>
Comment

管理者にだけ表示
  |  home  |  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。