■がんと娘と時々旦那■

2010年4月 非浸潤性乳がんの告知を受けその後の治療や気持ちを残し、6年後に笑って読み返せるように頑張りたいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
たくさんの人が闘ってます。女性のみなさん、人ごとじゃないですよ! 人気ブログランキングへ
マンモグラフィ読影認定医師
先程、小倉さんの番組で乳がんの特集をやっていた。

検診の精度ついてのところで家事の手が止まる。


NPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会が行っている医師に対しての読影講義と試験の様子が出た。


やはりがんを見逃したら治療が遅れ、その後の患者の人生は大きく変わる


番組では検診マンモグラフィ読影認定医師A又はB評価の医師がいる病院で検診が望ましいという事。



私が通っている病院にマンモグラフィ読影認定医師がいるのは知っているけど評価はわからず。


調べてみた。

マンモグラフィ読影認定医師A又はB評価の医師が7名いた。


その他にマンモグラフィ撮影診療放射線技師8名いた。


ん、ひとまず安心。
スポンサーサイト
| 乳がんのつぶやき(術後) | Co(2)
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
たくさんの人が闘ってます。女性のみなさん、人ごとじゃないですよ! 人気ブログランキングへ
<<何となく副作用   |  home  |   今さらですが...>>
Comment

管理者にだけ表示
こんにちは

私も調べてみました。
乳腺外来の先生の名前はありませんでした。
たぶん非常勤の先生だからだと思いますが…
でも外科主治医の先生と放射線技師さんの名前はありました。
これで一安心です。
2010/07/06 Tue| URL | ごめちゃん [ edit ]
ごめちゃんさん
おはようございます。
ランクはあくまでも目安ですよね。
Aランクでも嫌な先生で相性が悪ければ、治療してもらう気にならないです。
やはり自分にあった先生を見つける事が大切だと思います。
とは言えリストに自分の病院の先生があると一安心ですよねv-237
2010/07/07 Wed| URL | tomoste [ edit ]
  |  home  |  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。